メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

若島正・評 『囲碁AI新時代』『人工知能の核心』

 ◆『囲碁AI新時代』 王銘〓・著

 (マイナビ出版・1717円)

 ◆『人工知能の核心』 羽生善治・NHKスペシャル取材班・著

 (NHK出版新書・842円)

 かつては夢物語のように思われていた人工知能(AI)が、現在では加速度的に進化している。人工知能研究の初期の頃からターゲットになったチェスや、囲碁、将棋といったボードゲームの世界でも、その変わりようは目覚ましい。AIが人間に追いつくことは永遠にないと信じられていた時代はとうの昔に過ぎ、AIと人間のどちらが強いかが話題になった時期もあっというまの短期間で終わって、今ではすでに、人間より強くなったAIと人間がいかに共存していくかが問題になる時代に入っている。そうした状況の中で、このテーマに関わる本が数多く出版されるようになったが、ここで取り上げる王銘〓(おうめいえん)『囲碁AI新時代』と羽生善治・NHKスペシャル取材班『人工知能の核心』は、この問題に大きな関心を寄せるプロの囲碁棋士と将棋棋士による、棋界内部からの興味深いレポートである。

 王銘〓の『囲碁AI新時代』は、わたしたちの記憶にまだ新しい、グーグルが開発したソフト「アルファ碁」が世界トップクラスのイ・セドル九段と五番勝負を戦った、その熱戦の跡をふりかえるところから始まる。そして、著者自身が囲碁ソフトの開発に協力した体験も語られる。自らの囲碁観を反映したソフトの誕生を夢見るまなざしは、父親が我が子を眺める視線にも似て、ほほえましい。そこには、自分の職業を滅ぼしかねない敵の登…

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  2. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  3. JRA栗東トレセンで厩舎3棟燃え、競走馬4頭死ぬ 3人病院搬送 滋賀

  4. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです