メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

若島正・評 『囲碁AI新時代』『人工知能の核心』

 ◆『囲碁AI新時代』 王銘〓・著

 (マイナビ出版・1717円)

 ◆『人工知能の核心』 羽生善治・NHKスペシャル取材班・著

 (NHK出版新書・842円)

自分の頭で考えることこそ

 かつては夢物語のように思われていた人工知能(AI)が、現在では加速度的に進化している。人工知能研究の初期の頃からターゲットになったチェスや、囲碁、将棋といったボードゲームの世界でも、その変わりようは目覚ましい。AIが人間に追いつくことは永遠にないと信じられていた時代はとうの昔に過ぎ、AIと人間のどちらが強いかが話題になった時期もあっというまの短期間で終わって、今ではすでに、人間より強くなったAIと人間がいかに共存していくかが問題になる時代に入っている。そうした状況の中で、このテーマに関わる本が数多く出版されるようになったが、ここで取り上げる王銘〓(おうめいえん)『囲碁AI新時代』と羽生善治・NHKスペシャル取材班『人工知能の核心』は、この問題に大きな関心を寄せるプロの囲碁棋士と将棋棋士による、棋界内部からの興味深いレポートである。

 王銘〓の『囲碁AI新時代』は、わたしたちの記憶にまだ新しい、グーグルが開発したソフト「アルファ碁」…

この記事は有料記事です。

残り996文字(全文1506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです