メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

松原隆一郎・評 『時がつくる建築 リノベーションの西洋建築史』=加藤耕一・著

 (東京大学出版会・3888円)

価値を生む創造的再利用

 1990年代の半ば頃から、既存の建物に手を入れる「リノベーション」物件が目に見えて増えてきた。経済の停滞や人口減少・都市縮小を反映した現象であろう。

 ところが建築の世界では、いまだに新築に比べ一段低い仕事と見る傾向があるという。日本では中古流通の市場規模が小さく、新築物件であっても住み始めてすぐに住宅部分は値下がりするため、35年ローンを支払い終わった頃、土地以外の資産価値は極小となる。それでもなお新築が貴いとされてきたのである。

 そこでスクラップ・アンド・ビルドとリノベーションの対立が、諸方面で浮上している。新国立競技場の建設…

この記事は有料記事です。

残り1163文字(全文1458文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 B・V・ベイダー氏 63歳・プロレスラー
  2. サッカー日本代表 補欠の浅野が離脱 経験者の香川が激励
  3. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  4. 野球漫画 「ドカベン」46年で完結 28日発売号で
  5. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]