ニホンライチョウ

人工繁殖で2羽がふ化 19年ぶり

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
人工繁殖事業で6月17日にふ化した国の特別天然記念物ニホンライチョウのひな2羽=富山市古沢の富山市ファミリーパークで(同パーク提供)
人工繁殖事業で6月17日にふ化した国の特別天然記念物ニホンライチョウのひな2羽=富山市古沢の富山市ファミリーパークで(同パーク提供)

 富山市ファミリーパーク(富山市)と環境省は18日、国の特別天然記念物で絶滅の危機にあるニホンライチョウの人工繁殖事業でひな2羽がふ化したと発表した。人工繁殖のふ化としては、1998年の大町山岳博物館(長野県大町市)以来、19年ぶり。環境省と日本動物園水族館協会が実施する事業としては初。

 同パークによると、ひなは17日午後11時15分と同41分にふ化した。いずれも体長約6・5センチで、体重は17・1グラムと15・6グラム…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文531文字)

あわせて読みたい

注目の特集