メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

埼玉・加須 うどん 打ち続ける「地域の誇り」 条例も後押し、全国へ発信 /東京

びょうぶのように折りたたんだ生地を包丁で2~3ミリほどの細さに切っていく「子亀」店主の岡戸知幸さん=埼玉県加須市諏訪1の「子亀」で

 埼玉県加須市周辺は江戸時代から小麦の生産が盛んだったことから、「うどん食文化」が浸透した。6月25日を「加須市うどんの日」とする市条例もあり、市民と行政が協力して「加須市といえばうどん」を定着させようとしている。「うどんの日」を前に多数のうどん店が点在する加須を訪ねた。【篠崎真理子】

 東京から電車で約1時間半。加須駅からほど近い、手打ちうどんを提供する「中央食堂」ののれんをくぐった。

 出されたうどんはきらきらと光沢があり、口に入れるとつるりと滑らかだ。かむともっちりとした強いコシが…

この記事は有料記事です。

残り987文字(全文1231文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「イノシシが園内に」 台風の影響で移動か 東京・国営昭和記念公園が臨時閉園

  3. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「即位礼正殿の儀」に合わせ政令恩赦を閣議決定 対象者は55万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです