びわ湖トライアスロン

熱く 五輪と同距離、500人出場 近江八幡 /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
3キロ以上続く直線コースを自転車で疾走する参加者たち=滋賀県近江八幡市大中町で、金子裕次郎撮影
3キロ以上続く直線コースを自転車で疾走する参加者たち=滋賀県近江八幡市大中町で、金子裕次郎撮影

 「びわ湖トライアスロンin近江八幡」が18日、近江八幡市沖島町の宮ケ浜を主会場に開かれた。オリンピックと同じ51・5キロコース(水泳1・5キロ、自転車40キロ、ランニング10キロ)で、2020年東京パラリンピックでメダルを狙う宇田秀生選手(30)や、シドニーとアテネ五輪に出場した西内洋行選手(41…

この記事は有料記事です。

残り89文字(全文239文字)

あわせて読みたい

注目の特集