メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

泣きながら訳した /京都

 被爆者の証言を世界の言語に翻訳して発信する市民団体が活動成果を発表する会が先週、事務局を置く京都外国語大学で開かれました。外国語の通訳や翻訳に関心のある私も編集委員と一緒に参加しました。

 市民団体「NET-GTAS」は略称で、正式には「被爆者証言の世界化ネットワーク」。京都外大などの大学教員や翻訳家、学生らの組織です。代表は毎日新聞記者として長年、原爆・平和報道に取り組み、退職後は取材経験を学生に伝えるため京都外大教授も務めた長谷邦彦さん(73)です。2014年1月に設立して3年半で国内外の170人以上の会員が広島・長崎の被爆者18人が語った証言の字幕翻訳に取り組みました。

 国立広島原爆死没者追悼平和祈念館が所蔵する1300以上の証言ビデオを借りるところから作業は始まりま…

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文1018文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  4. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火
  5. なぜ暴言を繰り返す物議男が英首相になるのか ジョンソン氏を読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです