メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

おだかぷらっとほーむ /高知

「おだかぷらっとほーむ」で、スタッフの鴫原伸幸さん(左から2人目)やボランティアと談笑する広畑裕子代表(中央)=福島県南相馬市小高区本町で、村瀬達男撮影

 「(仮設住宅の代わりの)借り上げ住宅は来年3月に打ち切られるし、避難後、自宅はハクビシンに荒らされ、リフォームにも時間がかかる。もう生きていても仕方がない……」。5月8日、福島県南相馬市小高区本町の住民交流スペース「おだかぷらっとほーむ」で、高齢男性がこう悩みを打ち明けました。男性は一通り思いをぶちまけると、すっきりした様子で帰って行ったそうです。ゴールデンウイーク震災ボランティア編の第4話は、被災者の駆け込み寺になっている同スペースを取り上げます。

この記事は有料記事です。

残り1265文字(全文1493文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加害者更生 ストーカー治療2割 大半が受診拒否
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  4. 介護 人手不足続く 需要高まるも負担増で悪循環に
  5. 故郷遥か 川口のクルド人 第3部/1 来日16年、入管収容の女性 「日本にいさせて」 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]