メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
VXの女たち・正男暗殺

/9 結婚生活あっけなく

シティ・アイシャが9年ほど前、新婚当初住んでいた住居兼工場。ジャカルタの貧困地区にあり、現在は当時から所有者が変わっている=3月、平野光芳撮影

 狭い路地が迷路のように入り組むインドネシアの首都ジャカルタの貧困地区。シティ・アイシャ(25)は9年ほど前、この一角に暮らしていた。

 住んでいた建物を探し当てた。手すりのないベニヤ板張りの階段を上ると、20畳ほどの雑然とした部屋が広がる。縫製用ミシンが並び、布の切れ端が床に無造作に散らかる。窓は小さく、扇風機が回っていてもうだるような暑さだ。

 アイシャは2007年、15歳のとき、中華系インドネシア人のリアン・キオン(55)が当時、経営してい…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文607文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  2. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  3. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  4. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  5. 道具いらず煮干しの解剖 夏休みの自由研究におすすめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです