メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外森保J、無念のドローで決勝T逃す 久保弾は幻に
はたらく

妊娠報告 上司はまず祝福を

サイバーエージェントでは、上司に見られずに「妊活休暇」を写真の画面上から申請できる=サイバーエージェント提供

 企業で部下の女性から妊娠を報告されたり、不妊治療や妊活の相談をされたりした際、上司はどのようにコミュニケーションをとればよいのだろうか。そのコツと、支援制度がある企業を紹介する。

 ●休暇期間を検討

 女性のキャリア形成支援や企業へのアドバイスをするNPO法人「女性と仕事研究所」(大阪市)の諸田智美代表理事は、「妊娠の報告は早ければ早いほど良い」と話す。そのためには、報告を上司にしづらいと思わせない企業風土を日ごろから作ることが重要だという。

 上司の立場としては、仕事の引き継ぎや代替要員が気に掛かるだろうが、大切なのは「当事者の立場に寄り添…

この記事は有料記事です。

残り1773文字(全文2045文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 男性2人刺され死亡 逃げた男を警察が確保 名古屋
  3. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  4. 芸能界と反社会的勢力 根深い関係、どう断ち切る 吉本「闇営業」問題
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです