メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

妊娠報告 上司はまず祝福を

サイバーエージェントでは、上司に見られずに「妊活休暇」を写真の画面上から申請できる=サイバーエージェント提供

 企業で部下の女性から妊娠を報告されたり、不妊治療や妊活の相談をされたりした際、上司はどのようにコミュニケーションをとればよいのだろうか。そのコツと、支援制度がある企業を紹介する。

 ●休暇期間を検討

 女性のキャリア形成支援や企業へのアドバイスをするNPO法人「女性と仕事研究所」(大阪市)の諸田智美代表理事は、「妊娠の報告は早ければ早いほど良い」と話す。そのためには、報告を上司にしづらいと思わせない企業風土を日ごろから作ることが重要だという。

 上司の立場としては、仕事の引き継ぎや代替要員が気に掛かるだろうが、大切なのは「当事者の立場に寄り添…

この記事は有料記事です。

残り1773文字(全文2045文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. 第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです