メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おんなのしんぶん・MyWay

わたしの生き方 挑戦する心、いつも ファッションデザイナー・森英恵さん

デザイナーの森英恵さん=内藤絵美撮影

 島根県の山あいの町で生まれました。5人兄妹の4番目。医師の父はとてもセンスが良い人で、母の着物や子供たちの服は、東京のデパートからカタログを取り寄せて注文していた。手先が器用で、日曜大工や庭いじりが趣味。母も和裁や編み物が得意だったので、そうした血を受け継いだのかもしれません。

 教育熱心な父は、兄2人が東京の大学と高校に進学したのを機に、東京・西荻窪にも家を建てました。自分だけ島根に残って。5人全員を医者にするつもりだったが、私は反抗した。父の元に来る患者さんは、痛そうだったり苦しそうだったり、つらい仕事だと子供心に思ったんです。反対する父を母がなだめ、東京女子大に進みました。

 15歳の時、太平洋戦争が始まった。戦況が厳しくなり、家族が島根に帰っても、私は大学に残りました。昼間は勤労奉仕に駆り出されて工場で働き、毎夜空襲のサイレンが鳴った。防空壕(ごう)の中では、敵である米国の小説「風と共に去りぬ」を読みふけっていた。どんな状況でも、人間は夢がほしいのです。

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1386文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです