メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニホンライチョウ

2羽ふ化 人工繁殖19年ぶり 富山の動物園

 富山市ファミリーパーク(富山市)と環境省は18日、国の特別天然記念物で絶滅の危機にあるニホンライチョウの人工繁殖事業でひな2羽がふ化したと発表した。人工繁殖のふ化は1998年の大町山岳博物館(長野県大町市)以来、19年ぶり。環境省などが実施する事業としては初めて。一般公開は予定していない。

 同パークによると、ひなは17日午後11時15分と同41分にふ化した。体長はいずれも約6・5センチ、体重は17・1グラムと15・6グラムで性別は不明。2羽とも元気に動いているという。

 ニホンライチョウは環境の悪化から2000羽以下に減少し、環境省レッドリストで絶滅危惧1B類に分類。環境省などは種の保存のため、北アルプス・乗鞍岳で2015年と16年に卵計22個を採取。成鳥に育った14羽(雄11羽、雌3羽)を、同パークと大町山岳博物館、上野動物園(東京都台東区)の3園で飼育し、今春から各園で交配を試みた。同パークで8個が受精卵と確認され、うち2個が今回、ふ化した。【青山郁子、上野…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文773文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. 熊本県の小野副知事、東京都知事選出馬へ 東京出身

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです