メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マリ

イスラム過激派テロ リゾート施設襲撃し立てこもり

 【ヨハネスブルク小泉大士】西アフリカ・マリの首都バマコ近郊で18日夕、武装グループがリゾート施設を襲撃し、外国人宿泊客らを人質に立てこもった。AFP通信などによると、治安部隊が宿泊客30人以上を救出したが、少なくとも4人が死亡した。トラオレ治安・市民保護相は「イスラム過激派による襲撃だ」と語った。

 目撃者によると、武装グループは「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫びながら、敷地内になだれ込んだ。ラ…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです