メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体長1メートル 三重で捕獲

捕獲した巨大オオウナギを見る橋本恵さん=御浜町神木で2017年6月16日、汐崎信之撮影

 三重県御浜町神木の市木川で巨大なオオウナギが捕まり、住民らを驚かせている。体長1メートル、重さ4キロ、胴回り20センチ。捕獲した近くに住む元遠洋マグロ漁船乗組員、橋本恵さん(70)は「ナマズかと思った」と話していた。

     橋本さんは、ウナギ捕獲用のカゴを15日午後4時ごろ、市木川の7カ所に仕掛けた。膝下の深さで、カゴの中には餌となる体長10センチほどのハヤを入れた。

     16日午前6時ごろ、カゴを引き揚げると、一つにオオウナギ1匹が入っていた。3年前からウナギを捕獲している橋本さんは「通常捕まるウナギは50センチ前後なので、最初はナマズと思った。カゴから出すと暴れた」と、捕獲時の驚きを説明した。オオウナギは全長1.5メートルに達するものもいて、斑点があるのが特徴だ。【汐崎信之】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 坂村健の目 被ばく影響、科学界の結論
    2. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
    3. トランプ氏 「国連で演説、恥ずかしい」…NYで抗議デモ
    4. 安室奈美恵さん 来年引退へ 公式サイトで発表
    5. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」 元料理人に正恩氏発言

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]