メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

5月の熱中症3401人 

 総務省消防庁は19日、5月に全国の3401人が熱中症で救急搬送されたと発表した。前年同月を613人上回った。気温30度以上の真夏日を各地で記録した中旬以降に急増した。

     本年度から、どこにいるときに発症したかを調べた結果も集計。庭を含む「住居」が最多の28.9%で、競技場や野外コンサート会場などの「公衆(屋外)」が16.9%、「道路」が15.7%だった。消防庁は「自宅にいても油断せずに予防を心掛けてほしい」としている。

     都道府県別では、埼玉が215人と最も多く、東京212人、愛知190人と続いた。人口10万人当たりの搬送者数は佐賀が5.76人で最多。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 小林麻央さん死去 最後まで「愛してる」
    2. 岩国基地艦載機移転 300人の島に降るごう音 阿多田
    3. 小林麻央さん死去 「愛してると旅立った」海老蔵さん会見
    4. 岩国基地艦載機移転 迫る有事の日 ミサイル想定避難訓練
    5. 自民 豊田議員、園遊会でもトラブル 母親入場させようと

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]