メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最終日 松山12アンダーでホールアウト

ショットを放つ松山=AP

 【エリン(米ウィスコンシン州)松本晃】メジャー第2戦の全米オープン選手権は18日、当地のエリンヒルズ(パー72)で最終ラウンドがあり、14位で出た松山英樹は8バーディー、2ボギーの66とスコアを六つ伸ばし、276の通算12アンダーでホールアウトした。

 2位で出たブルックス・ケプカ(米国)が17番終了時点で6バーディー、1ボギーの通算16アンダーとしてトップに浮上した。前日首位のブライアン・ハーマン(米国)が17番終了時点で1打伸ばし13アンダー。松山はこの時点で、さらに1打差の3位となっている。

 全米オープンでは1980年に青木功が2位になったのが日本選手の過去最高。2004年には丸山茂樹が4位に入っている。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 豊田衆院議員 暴言「高速逆走が原因」会見で自民・細田氏
  2. ネット音声公開 豊田議員?「私の心をたたいている…」
  3. WEB CARTOP [女子の本音]これは辛い! ドライブデートではヤメテほしいクルマ4選
  4. 私立保育園 「子供の声うるさい」開園断念 千葉・市川
  5. 横浜市立中 「新クラス 思うような生徒にならず」 教諭つぶやき謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]