メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

盛岡わんぱく相撲

鳴戸親方と土俵の上で交流 

鳴戸親方(元大関・琴欧洲)とぶつかり稽古をするわんぱく力士たち=盛岡市みたけ3の県営武道館で2017年6月18日午後0時1分、三瓶杜萌撮影

 「わんぱく相撲盛岡場所」が18日、盛岡市の岩手県営武道館で開かれた。元大関・琴欧洲の鳴戸親方が登場。まわしを締めた小学生から高校生までの約60人と、土俵の上で交流した。

 第30回の記念イベントの特別ゲストとして盛岡青年会議所が招待した。親方は約1時間にわたり指導。「わんぱく力士」のまわしをつかんで…

この記事は有料記事です。

残り121文字(全文271文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  4. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  5. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです