メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

同期DF三浦弦太の代表入りに刺激…愛媛FW丹羽詩温「いつかは追いつく」

情報提供:サッカーキング

東京V戦で今シーズン4試合目の先発出場を果たした丹羽 [写真]=Jリーグ・フォト
明治安田生命J2リーグ第19節 東京ヴェルディ 3-3 愛媛FC

 左サイドの裏に抜け出した時、愛媛FCの丹羽詩温はゴール前に空いたスペースと、そこに走り込む白井康介の姿をしっかりと視界に捉えていた。白井がダイレクトで蹴り込んだボールがネットを揺らすのを見届けると、大きなガッツポーズで喜びを表す。59分、“大阪桐蔭高ホットライン”から一時は勝ち越しとなるゴールが生まれた瞬間だ。

「(大阪桐蔭ホットラインは)たまたまです。康介が決めてくれて良かった。今度康介が同じようなシーンになったら、僕にパスを出してくれるんじゃないかと思う」

 丹羽と白井の高校時代の同期には、先日日本代表入りを果たしたばかりのガンバ大阪DF三浦弦太がいる。当然ながら、同じプロの舞台に立つ身として、刺激を受けないわけがない。

「弦太だけJ1で活躍しているということに対しては悔しい気持ちがあったんですけど、さすがに代表まで行くと『頑張れ』って思っちゃうよねって話を康介としました。ちょっと遠くに行き過ぎちゃったなって」

 それでも丹羽は、きっぱりと口にした。

「いつかは追いつきます」

 今シーズンは第19節までにリーグ戦11試合に出場し、3得点1アシストを記録。「数字だけ見れば悪くはない」と語るが、同時に多くの課題も感じている。

「今日みたいな相手だとなかなか背後を取れず、張っててもボールを受けられないという状態が前半45分続いたので、もう少し引き出しに落ちたり、周りと連携したり工夫すべきだった。もっと前線で起点にならないと。でも、試合に出るにつれて感覚は良くなっているので、反省を次の試合に生かしていくしかない」

 まだまだ伸びしろは豊富で、一戦ごとに成長を遂げている大卒ルーキー。近いようで遠く離れてしまった同期の存在を励みに、より一層たくましさを増していく。

【関連記事】
【コラム】名波采配的中! “想いが強すぎる”愛弟子・松浦の2得点が磐田に勝利を呼び込む
●J初得点でファンへ恩返し…横浜FMの天野純「気付いたらゴール裏に」
●浅野はシュトゥットガルト残留へ…労働許可証が下りずアーセナル復帰は困難に
●長友佑都がスクール生に説く“競争力” 「日々、100%でやっているから差がつく」
●DAZNがJ1第15節の週間ベストプレーヤーを発表…広島に完封勝利の川崎から最多3名

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 仙台育英サヨナラ 大阪桐蔭春夏連覇消える
  2. がん診断 血液1滴で13種…新検査法開発 国立がん研
  3. グアム知事 「北朝鮮、米爆撃機に動揺」標的の原因を分析
  4. 自民・石破氏 国税庁の佐川長官を批判 就任会見行わず
  5. LGBTを生きる 性的少数者 第3部/2 高校1年生・暦さん(15) /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]