メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天皇杯の試合会場、下位カテゴリー所属地域での開催優先…準々決勝まで

情報提供:サッカーキング

前回は鹿島が優勝した天皇杯、3回戦から準々決勝までの試合会場方法が発表に [写真]=Getty Images
 日本サッカー協会(JFA)は19日、第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会の3回戦から準々決勝までについて、会場決定方法を以下のように決定したと発表した。

 JFAは「天皇杯の試合は、各都道府県サッカー協会主管のもとで運営されている」と記したうえで「サッカー普及の観点から、天皇杯の試合を全国各地で開催することが重要と捉え、3回戦から準々決勝までの試合においては、対戦カードの下位カテゴリーチームが所属する都道府県の会場を優先して開催することとする」と発表した。

 会場選定例として、以下が挙げられている。

(1)J1所属クラブ vs J2所属クラブの場合…J2所属クラブの会場にて開催
(2)J1/J2所属クラブ vs 都道府県代表の場合…都道府県代表の会場にて開催
(3)J1/J2所属クラブ/都道府県代表同士の対戦の場合…対戦カードの左側(トーナメント表の上側)の会場にて開催

 そして例外として、以下のような事情も想定。JFAの判断により会場を決定する。

・試合を主管する都道府県サッカー協会が会場を確保できない、または開催を希望しない場合
・AFCチャンピオンズリーグで勝ち上がっているなど、チームのスケジュール等を考慮した場合
・会場設備、収容能力不足などその他諸事を考慮した場合

 以上の試合会場決定方法が適用されるのは、7月12日開催の3回戦、9月20日開催のラウンド16、そして10月25日開催の準々決勝。なお、来年1月1日に行われる決勝は埼玉スタジアムでの開催が決まっている。



【関連記事】
突如飛び出したC・ロナウド退団説、本当の理由とは…? その背景を探る
「CL優勝したことがない」ベスト11が豪華すぎると話題に
実はバロンドールを受賞したことがない10人の偉大な選手たち
愛娘は「かわいい」…内田篤人が帰国、来季や今後のキャリアについて語る
不運過ぎる? ピッチ外のアクシデントで離脱を強いられた12名の選手たち

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 衆院選 投票すべきか迷うあなたに 棄権は危険 「抗議の白票」は逆効果
  2. プロレス アントニオ猪木氏「生前葬」 ハンセンら参列
  3. 台風21号 列島大雨に 「特別警報」の可能性
  4. トランプ氏 ケネディ氏暗殺の捜査資料、機密指定解除へ
  5. 原付きバイク カープナンバープレートも交付 広島市

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]