メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシア

シリア上空「米軍機など標的」 「ラッカ撃墜」反発

 【モスクワ杉尾直哉】ロシア国防省は19日、シリア国内のユーフラテス川以西を飛行する米軍主導の有志国連合の軍用機や無人機について、「(地対空ミサイルなど)防空システムの標的とし、ロシア軍機を同伴飛行させる」と発表した。また米露軍用機のシリア上空での偶発的衝突回避で合意していた連絡体制などの覚書も即時破棄すると宣言した。シリアにおける米露両軍の緊張がさらに高まった形だ。

 ロシア側の措置は、米軍機が18日、シリア中部ラッカ県タブカ近郊でロシアが支援するシリア空軍のスホイ22戦闘爆撃機を撃墜したことへの反発。露国防省は、「シリアの主権侵害だ」と批判している。

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文557文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです