メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

拘束事件後もイラクへ 高遠菜穂子さんが語る 「生死のリアル」ない日本

=千葉県成田市で、根岸基弘撮影

 あの時、命が奪われたかもしれないのに彼女はイラクを拠点に活動を続けていた。13年前、現地の武装勢力に拘束された高遠菜穂子さん。帰国後は「自己責任」という激しいバッシングにもさらされた。人道支援に取り組んでいる彼女の目に、今の日本の姿はどう映っているのだろう。【小松やしほ】

「平和国家」海外では思われてない

 待ち合わせ場所の成田空港ラウンジに、高遠さんは大きなキャリーバッグを引いて現れた。過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦が行われているイラク北部のモスルでの医療支援活動から一時帰国したのは5月。活動の様子を報告する講演などで、この1カ月半、各地を飛び回ってきた。その講演料や募ったカンパを手にイラクへ戻り、支援物資を人々に届ける。

 モスルは地上戦のさなかだった。「医薬品や医療品を届けている時でも、すぐ近くでISの陣地に砲弾を撃ち…

この記事は有料記事です。

残り2256文字(全文2626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  3. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです