メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

野田暉行 震災後の日本重ね オペラ「大仏開眼」を作曲

オペラの総譜を広げて語る野田暉行=梅津時比古撮影

 音楽界の重鎮、野田暉行東京芸大名誉教授がオペラ《大仏開眼》を作曲した。交響作品や邦楽など多くの作品が高く評価される野田だが、オペラは初めて、しかも委嘱されたのではなく自ら「書きたくて書いた」と言う。

 「実は高校時代から『アッシャー家の崩壊』をオペラ化したいとずっと思ってました。屋敷が崩壊する最後のシーンにとりつかれたのです。芸大を卒業して力をつけてから作ろうと思ったけれど、やってみるとあれはオペラ的要素は少なく、無理でした」

この記事は有料記事です。

残り931文字(全文1146文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  2. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
  3. 堺・男性殺害 逮捕の姉 弟の妻中傷するビラ、近所にまく
  4. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 関与を否認
  5. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]