連載

読書日記

読書家の著名人によるリレー連載や著者インタビューによる新刊紹介、ベストセラーランキングも掲載。

連載一覧

読書日記

今週の筆者は千葉工業大惑星探査研究センター所長・松井孝典さん 進歩は無限に続く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 *5月23日~6月19日

 ■無限の始まり ひとはなぜ限りない可能性をもつのか(デイヴィッド・ドイッチュ著、熊谷玲美、田沢恭子、松井信彦訳・2013年)インターシフト・3996円

 宇宙とは、人間とは、生命とは何か。物理学、天文学から、生物学、数学、政治学、心理学、美学までを駆使し、世界と宇宙の新たなビジョンを描く。

 書名から、数学関係の本と判断する人が多いだろう。筆者もそう思った。しかし読み始めてみたら、内容は全く違っていた。もちろん無限についての数学的議論、無限がすべて同じ大きさではないことを証明したカントールや、ヒルベルトの「無限大ホテル」の例えなども紹介されている。しかし、本書を貫くテーマは、科学の発展、あるいは文明の進歩は、無限に進むものなのか、あるいは現在の我々がなぜそれをなし遂げうるのか、といっ…

この記事は有料記事です。

残り1327文字(全文1685文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集