メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 嵐山光三郎さん

嵐山光三郎さん

 ■芭蕉という修羅 嵐山光三郎(あらしやま・こうざぶろう)さん 新潮社・1728円

危うい局面に向かい合い

 11年前に出版し、松尾芭蕉のイメージを一新させた評論「悪党芭蕉」で数々の文学賞を受けた。その続編である。この間、特に「おくのほそ道」の旅の跡へ何度も足を運び、文献を丹念に読み込んできた。「現場を訪れる度に気がつくことがあった」という。

 本書で最大の発見は、芭蕉が出身地の伊賀上野(現三重県)から江戸に出てきたのは「水道工事のエキスパー…

この記事は有料記事です。

残り713文字(全文933文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 行政ファイル 福山で15人食中毒 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです