メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 嵐山光三郎さん

嵐山光三郎さん

 ■芭蕉という修羅 嵐山光三郎(あらしやま・こうざぶろう)さん 新潮社・1728円

危うい局面に向かい合い

 11年前に出版し、松尾芭蕉のイメージを一新させた評論「悪党芭蕉」で数々の文学賞を受けた。その続編である。この間、特に「おくのほそ道」の旅の跡へ何度も足を運び、文献を丹念に読み込んできた。「現場を訪れる度に気がつくことがあった」という。

 本書で最大の発見は、芭蕉が出身地の伊賀上野(現三重県)から江戸に出てきたのは「水道工事のエキスパー…

この記事は有料記事です。

残り713文字(全文933文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都アニメ放火 娘よ、待っている 彩色一筋「根性の塊」 安否不明社員の父
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「入れたい人いない」 白馬の王子、いつまで待つ気なのか
  3. 「親安倍」「反安倍」の人たちがののしり合い 騒乱の安倍首相「秋葉原演説」を見に行く
  4. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
  5. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです