メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

7年目の被災地

大槌の「たくましさ」PR 特別純米酒「たえの酒」発売 復興米使い2年かけ仕込み成功 /岩手

大槌復興米を使った特別純米酒「たえの酒」の誕生を喜ぶ菊池妙さん(前列右から2人目)と新里佳子さん(同3人目)ら=大槌町で

 東日本大震災の津波で被災した大槌町安渡の住宅跡で稲穂をつけた「大槌復興米」を使った特別純米酒「たえの酒」が18日、発売された。大槌町で17日に発表会が開かれ、生産や醸造に関わった人たちは、“奇跡のコメ”が震災復興を国内外にアピールすることを願った。

 大槌復興米は2011年11月、同町小鎚に避難した菊池妙さん(76)が自宅跡地で偶然発見したヒトメボレ。周辺では50人超が犠牲になって海水もかぶる中、津波で運ばれてきたとみられる種もみが3本芽吹いた光景に、菊池さんは「命のたくましさを感じた」。

 コメは、仮設住宅に暮らしながら町内で緊急支援や生活・産業支援を手がけるNPO法人「遠野まごころネッ…

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文766文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです