メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小栗家の火縄銃

菩提寺・東善寺所蔵、忠順の父の銘 研究のために製造か 高崎 /群馬

小栗の銘が刻まれていた火縄銃について説明する村上泰賢住職=高崎市倉渕町権田の東善寺で

 日本の近代化の礎を築いた幕臣、小栗上野介(こうずけのすけ)忠順(ただまさ)(1827~68年)の菩提(ぼだい)寺である東善寺(高崎市倉渕町権田)が所蔵する「小栗家の火縄銃」に、幕府の鉄砲隊長も務めた忠順の父、忠高(ただたか)(1809~55年)の銘が刻まれていることが分かった。同寺の村上泰賢住職は「忠高自身が、銃について研究するため、鉄砲鍛冶の指導を受けながら作ったものであろう」と推測している。

 火縄銃は長さ118センチで、銃身に小栗家の家紋が付いている。村上住職は、江戸幕府が幕末に行ったフラ…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文672文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  3. 大塚家具 8割引きセールも…経営再建が難航、窮地に 
  4. サウジアラビア 記者殺害疑惑 「皇太子側近に責任」で幕? 収拾図る
  5. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです