メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメンタリー映画

「三里塚のイカロス」完成 成田反対運動その後描く 元現地闘争活動家の「遺言」 /東京

 成田空港建設反対運動のその後を描いたドキュメンタリー映画「三里塚のイカロス」が完成した。主要登場人物で、中核派の現地闘争責任者を25年半務めた元活動家の岸宏一さん(69)は、撮影後の今年3月に新潟県の雪山で遭難した。監督の代島治彦さん(59)は「この映画は彼の『遺言』になった」と語る。

 岸さんは慶応大在学中に反基地闘争などで何度も逮捕された。新東京国際空港(現・成田空港)が1978年に開港後、81年から空港周辺に住んで反対運動を続け、路線対立から2006年に中核派を離れた。

 代島さんは15年10~12月に空港周辺の団結小屋跡などで、計約14時間のインタビューを重ねた。岸さんはカメラの前で25年半を「一瞬の夢。後悔していない」と振り返る一方で、テロ行為などで反対運動が大衆の支持を失ったことを「自分の失敗」と語った。代島さんは「相反する感情が渦巻いている」と感じたという。

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです