メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

琵琶湖周航の歌

誕生100年 三高・京大ボート部と歩む/1 歌碑と三高艇庫 水上部に歌い継がれて /滋賀

琵琶湖周航発祥の地にある歌碑(記念碑)=大津市観音寺で、塚原和俊撮影

 「琵琶湖周航の歌」は100年前の1917(大正6)年6月28日、高島市今津町で生まれた。旧制第三高等学校(三高、現京都大学)の水上部(現ボート部)が明治中期に始めた伝統の琵琶湖周航。その部員や学生たちに歌い継がれて広まった歌だ。100周年を機に、歌誕生のドラマや魅力、周航の姿をひもとく。【塚原和俊】

 大津市観音寺の琵琶湖第一疏水取水口近くに「われは湖(うみ)の子」の歌碑が建つ。三高生による周航が1…

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文759文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ JRは停電、運転見合わせ

  2. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  3. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  4. 徳島、大分、熊本、宮崎で「レベル4相当」 台風17号、九州西側に

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです