メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

「激動の世界を語る」 アジア調査会、来月14日シンポ

 一般社団法人アジア調査会はシンポジウム「激動の世界を語る」を始めます。第1回は7月14日、「トランプ政権とアジア太平洋~乱世の中の日本外交」をテーマに開催します。(24面に参加応募要項)

     パネリストは五百旗頭真・アジア調査会会長▽宮本雄二・元駐中国大使▽久保文明・東京大学教授▽大庭三枝・東京理科大学教授の4人です。

     混迷の時代、日本が進むべき道を議論します。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
    2. 相武紗季 「ブラックペアン」で女優復帰 昨年第1子出産「ついていくのに一生懸命」
    3. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
    4. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
    5. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]