メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

有効ながん検診は?=回答・高野聡

死亡率減少効果があるもの 胃など5部位

 なるほドリ 今後6年間の指針(ししん)となる第3期がん対策推進基本計画案(たいさくすいしんきほんけいかくあん)がまとまったね。「がん予防(よぼう)」が柱の一つなんだね。

 記者 がん予防には、生活習慣(せいかつしゅうかん)の改善による1次予防と検診による早期発見・早期治療の2次予防があります。有効ながん検診とは死亡率減少効果があるものです。日本では胃、肺、大腸、乳房、子宮頸部(しきゅうけいぶ)の五つの部位のがん検診が有効とされ、厚生労働省の指針には科学的根拠のある検診方法や対象年齢、間隔が示されています。

 Q 知らなかった。みんな受診しているの。

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文812文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. ORICON NEWS はあちゅう氏が第1子男児出産「力を合わせて育てていきたい」 しみけんがパパに

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです