メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
VXの女たち・正男暗殺

/10 両親思い「ただ祈りを」

シティ・アイシャの母ベナは「娘は無実だと確信している」と話した=インドネシア・バンテン州で2017年2月、ジャカルタ支局助手エドナ・タリガン撮影

 シティ・アイシャ(25)の実家はジャカルタの西約80キロののどかな農村にある。

 「実の妹のように親しくしてくれた」

 小学校の後輩、ヌルハヤティ・ヌフス(23)はそう振り返る。当時、アイシャは自宅の掃除や食器洗いなどの家事を進んで手伝う子で、1日5回のイスラム教の礼拝も欠かさなかった。「おとなしい性格で、けんかしたり人前で怒ったりしたのを見たことがない」という。

 アイシャには2人の兄がいる。中学校には進学しなかったが、インドネシアの農村では今でも珍しいことでは…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文582文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです