メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴルフ

全米オープン 松山2位 頂点すぐそこ ケプカV

 【エリン(米ウィスコンシン州)松本晃】男子ゴルフの今季メジャー第2戦、全米オープン選手権は18日、当地のエリンヒルズ(パー72)で最終ラウンドが行われ、松山英樹はスコアを六つ伸ばして通算12アンダーとし、1980年同選手権の青木功に並ぶ男子メジャーで日本勢最高の2位に入った。最新の世界ランキングでも2位に上昇し、自身の持つ日本勢最高順位の3位を更新。1位はダスティン・ジョンソン(米国)。

 首位と6打差の14位から出た松山は出だしの1番でバーディーを奪うなど8バーディー、2ボギーでこの日ベストスコアの66をマークした。1打差の2位で出たブルックス・ケプカ(米国)が6バーディー、1ボギーの67で回り、通算16アンダーでメジャー初優勝。優勝賞金は216万ドル(約2億4000万円)。米ツアーでは2季ぶりの通算2勝目。

この記事は有料記事です。

残り2323文字(全文2683文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  2. どうやって予防するの?妊娠している人への影響は?…新型肺炎、その心構え

  3. 和歌山で新たに3人感染確認 国内初の10代、外科医の息子

  4. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  5. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです