メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学スポーツ新時代

走り出す日本版NCAA/1 全米熱く「甲子園以上」 収益分配、世界から才能

NCAA1部のゴンザガ大でプレーした八村(中央)。全米の熱狂ぶりを「甲子園よりすごいかもしれない」と振り返った=共同

 毎年3月から4月初めにかけて全米はバスケットボール一色になる。全米大学体育協会(NCAA)が主催する大学選手権が開催されるからだ。「マーチ・マッドネス(3月の熱狂)」と呼ばれ、全米の注目を集める。予選を勝ち抜いた60校以上がトーナメント方式で争い、決勝は2000万人以上がテレビで視聴すると言われる。

 「バスケットをしているしていないとか関係なく、米国人のみんなが観戦している。街を歩いても、地方に行っても声を掛けられた」。興奮気味に振り返ったのは今春、米西部ワシントン州にある名門ゴンザガ大の一員として、日本人として初めてトーナメントに出場した八村塁だ。宮城・明成高から進学した19歳の新星は「(高校野球の)甲子園よりはるかにすごいかもしれない」と語った。

この記事は有料記事です。

残り818文字(全文1148文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです