安倍首相

謝罪会見 混乱の非、野党に転嫁 「印象操作、つい反論」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見を終え会場を後にする安倍晋三首相(左)を見送る菅義偉官房長官(中央)と萩生田光一官房副長官(右)=首相官邸で2017年6月19日午後6時40分、川田雅浩撮影
記者会見を終え会場を後にする安倍晋三首相(左)を見送る菅義偉官房長官(中央)と萩生田光一官房副長官(右)=首相官邸で2017年6月19日午後6時40分、川田雅浩撮影

 「印象操作」のような議論に、つい反論した--。安倍晋三首相は19日、通常国会の閉会を受けた記者会見で、「加計学園」の獣医学部新設計画を巡る問題への自身の発言について、反省の言葉を重ねた。その責任を野党に求めるような一言を口にする一方で、「腹心の友」が理事長を務める学校法人の名前は一度も出すことなく、側近らが黙礼する中、会見場を後にした。

 「国民の皆様に大変申し訳なく感じております。印象操作のような議論に対し、つい強い口調で反論してしまう私の姿勢が政策論争以外の話を盛り上げてしまった」。首相は記者会見冒頭から約4分間、通常国会での答弁について自省した。国民に語りかけるように、ゆっくりとした口調の中にも、野党の批判的質問に直接答えない時に用いたお決まりのフレーズを忘れなかった。

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文553文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集