メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

謝罪会見 混乱の非、野党に転嫁 「印象操作、つい反論」

記者会見を終え会場を後にする安倍晋三首相(左)を見送る菅義偉官房長官(中央)と萩生田光一官房副長官(右)=首相官邸で2017年6月19日午後6時40分、川田雅浩撮影

 「印象操作」のような議論に、つい反論した--。安倍晋三首相は19日、通常国会の閉会を受けた記者会見で、「加計学園」の獣医学部新設計画を巡る問題への自身の発言について、反省の言葉を重ねた。その責任を野党に求めるような一言を口にする一方で、「腹心の友」が理事長を務める学校法人の名前は一度も出すことなく、側近らが黙礼する中、会見場を後にした。

 「国民の皆様に大変申し訳なく感じております。印象操作のような議論に対し、つい強い口調で反論してしま…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文553文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 静岡県富士宮市選管ミス 市民指摘で判明
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. 質問なるほドリ 「政党要件」で何ができるの? 交付金や企業寄付受領 メディア露出増えそう=回答・吉井理記

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです