東日本大震災

福島第1原発事故 安藤ハザマを捜索 東京地検、除染費詐取容疑

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発事故の除染事業で、準大手ゼネコン「安藤ハザマ」(東京都港区)が下請け業者に宿泊費などの領収書を改ざんさせ、発注者の福島県いわき市と田村市に水増し請求していたとされる問題で、東京地検特捜部は19日、詐欺容疑で同社本社など関係先の家宅捜索に着手した。関係者の事情聴取を進めており、除染関連事業費の不正受給疑惑の解明を進める。

 同社は同日、捜索の事実を認め「捜査に全面的に協力する」とのコメントを出した。

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文589文字)

あわせて読みたい

注目の特集