特集

加計学園

学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡る問題をまとめました。

特集一覧

加計学園

総理が18年開学期限…「萩生田氏発言」新文書

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党の役員会に臨む萩生田光一官房副長官=東京都千代田区の同党本部で2017年6月20日午前9時半、西本勝撮影
自民党の役員会に臨む萩生田光一官房副長官=東京都千代田区の同党本部で2017年6月20日午前9時半、西本勝撮影

文科省に存在、本人は否定

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画を巡り、松野博一文科相は20日、萩生田光一官房副長官が昨年10月、文科省幹部に「総理は『平成30(2018)年4月開学』とおしりを切っていた。今年(16年)11月には方針を決めたいとのことだった」などと早期開学を迫ったことを記した文書を公表した。文書には加計学園の名称も含まれており、政府の国家戦略特区諮問会議が学部新設を認める以前から事業者として学園を前提とした内容も記載されている。文科省は内容を「不正確であいまい」としており、萩生田氏は発言を否定しているという。【伊澤拓也、金森崇之、宮本翔平】

 文書の題名は「10/21萩生田副長官ご発言概要」。文科省によると、萩生田氏が昨年10月21日、常盤豊高等教育局長と面会した際のやり取りに関して周辺情報も含め作成されたという。

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文892文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集