米国

北朝鮮拘束、学生が死亡 トランプ氏「残忍さ非難」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン福岡静哉】今月13日に北朝鮮の長期拘束から意識不明の状態で解放され帰国した米バージニア大の学生、オットー・ワームビア氏(22)が19日、死亡した。家族が入院先の中西部オハイオ州シンシナティの病院を通じて声明を発表した。トランプ米大統領は同日「犠牲者の死を悼み、北朝鮮の残忍さを改めて非難する」との声明を発表した。

 ティラーソン国務長官も「北朝鮮に責任を負わせる」と述べ、他に拘束中の米国人3人の解放も要求した。

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文516文字)

あわせて読みたい

注目の特集