メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア上空

露「米軍機など標的」…「ラッカ撃墜」に反発

 【モスクワ杉尾直哉】ロシア国防省は19日、シリア国内のユーフラテス川以西を飛行する米軍主導の有志国連合の軍用機や無人機について、「(地対空ミサイルなど)防空システムの標的とし、ロシア軍機を同伴飛行させる」と発表した。また米露軍用機のシリア上空での偶発的衝突回避で合意していた連絡体制などの覚書も即時破棄すると宣言した。シリアにおける米露両軍の緊張がさらに高まった形だ。

 ロシア側の措置は、米軍機が18日、シリア中部ラッカ県タブカ近郊でロシアが支援するシリア空軍のスホイ22戦闘爆撃機を撃墜したことへの反発。露国防省は、「シリアの主権侵害だ」と批判している。米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長は19日、ロシアとの衝突回避の覚書に関し、早期に効力復活を働きかける意向を明らかにした。米露の作戦担当部署の間では一定のやりとりが続いているという。

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 菅政権は自民「脱原発派」の追い風になるか 再エネ普及にも意欲

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです