メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小池知事

築地にも市場機能、将来の復活視野…豊洲移転後

東京都の小池百合子知事=川田雅浩撮影

 東京都の豊洲市場(江東区)への移転問題で、小池百合子知事が豊洲に市場機能を移転させた上で、築地市場(中央区)にも市場機能を残して再開発する方針を固めたことが、関係者への取材で分かった。将来的に築地に市場を戻すことを視野に検討するという。20日午後に緊急記者会見を開いて表明する。

 23日の都議選告示を前に、全国の注目を集めた市場移転問題が決着する。

 小池知事は国際的に知られる「築地ブランド」を重視し、豊洲の持続性を懸念しているが、築地は建物の老朽化や土壌汚染などの対策が必要なため、市場機能を仮移転させる意向という。

 数年かけて築地を再開発し、豊洲から業者が戻れるように調整するが、関係者によると「既に建ててしまった豊洲を無駄にもできない」として、築地に再移転後の豊洲はITを活用した物流拠点として再整備する構想という。

 小池知事は17日、豊洲市場の地下水の有害物質を国の環境基準値以下に抑える「無害化」ができていないことについて市場業者らに陳謝した上で、「築地という東京の宝をいかに守って継続し、発展させていくのか、皆さんと知恵を出したい」と述べていた。

 地下水から国の環境基準値を超えるベンゼンなどが検出された豊洲の地下空間の安全対策は、都の庁内組織「市場のあり方戦略本部」で検討された換気設備の設置と床面をコンクリートで補強する案が採用される見通し。【森健太郎、林田七恵】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
  2. 米山知事 進退判断の経緯判明 支援政党離れ「辞めます」
  3. 吉本興業 「第2の華丸・大吉」は 福岡に養成校続々
  4. 暴行容疑 演説中の市議殴打、大学生逮捕 愛知・豊橋
  5. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]