小池知事

築地にも市場機能、将来の復活視野…豊洲移転後

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京都の小池百合子知事=川田雅浩撮影
東京都の小池百合子知事=川田雅浩撮影

 東京都の豊洲市場(江東区)への移転問題で、小池百合子知事が豊洲に市場機能を移転させた上で、築地市場(中央区)にも市場機能を残して再開発する方針を固めたことが、関係者への取材で分かった。将来的に築地に市場を戻すことを視野に検討するという。20日午後に緊急記者会見を開いて表明する。

 23日の都議選告示を前に、全国の注目を集めた市場移転問題が決着する。

 小池知事は国際的に知られる「築地ブランド」を重視し、豊洲の持続性を懸念しているが、築地は建物の老朽化や土壌汚染などの対策が必要なため、市場機能を仮移転させる意向という。

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文591文字)

あわせて読みたい

注目の特集