都議選

小池氏、党首と知事の線引き困難

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
小池百合子知事=東京都新宿区で2017年6月1日、竹内紀臣撮影
小池百合子知事=東京都新宿区で2017年6月1日、竹内紀臣撮影

「二足のわらじ」で実績と支持訴え 公務と政務分ける配慮も

 7月2日投開票の東京都議選を控え、小池百合子知事が都政トップと地域政党「都民ファーストの会」の顔という「二足のわらじ」で実績と支持を訴えている。6月1日の代表就任で名実ともに都民ファーストを率いることになり、知事会見での質疑応答では公務と政務を分けるなど配慮しているものの、線引きは難しくなっている。【林田七恵、円谷美晶】

 「都民の健康を守るため都としてスピード化しなければならない」。5月25日、小池氏は知事応接室で都医師会長らに受動喫煙防止条例制定を求められると、迅速な対応を約束した。その直後、都民ファーストの公約発表会見に臨んだ小池氏は条例を作ると公言。医師会が求めた子供の受動喫煙防止も盛り込んだ。

この記事は有料記事です。

残り934文字(全文1267文字)

あわせて読みたい