メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山東派が最後の議員懇談会

 自民党山東派(11人)は19日、麻生派との7月3日の合併を控え、最後となる議員懇談会を東京都内で開いた。かつて三木武夫元首相が率いた伝統派閥は約60年の歴史に幕を引くことになり、現会長の山東昭子元参院副議長は「番町政策研究所の新しい出発だ。それぞれ語り、懐かしんでほしい」と寂しさをにじませた。

     三木氏、松村謙三元文相が1956年に結成した「松村・三木派」が源流。金権政治の打破などを掲げ、三木、海部俊樹両元首相を出した。

     派閥会長経験者の高村正彦副総裁は「感傷的になる面がないわけではないが、大きな清い川の中で羽ばたいてほしい」とエール。大島理森衆院議長も「決断したからには、日本のため、自民党のために発展してほしい」とあいさつした。【光田宗義】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 給食 調理ミス多すぎ…4月委託の業者解約 春日部市
    2. 小林麻央さん死去 「愛してると旅立った」海老蔵さん会見
    3. 山形県立高 女性教諭…実は教員免許状なし教壇32年間
    4. トランプ大統領 暗殺示唆相次ぐ 過激化する言論
    5. アルコール依存症 准教授が実名で闘病体験

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]