メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

111円台前半で取引

 週明け19日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=111円台前半で取引された。

     午後5時現在は、前週末比07銭円高・ドル安の1ドル=111円11~12銭。ユーロは22銭円安・ユーロ高の1ユーロ=124円38~42銭。

     米国で前週末に住宅着工件数などの経済指標の低調が相次ぎ、海外市場でドルを売る動きが優勢となり、東京市場でもその流れを引き継いだ。日経平均株価の上昇を手がかりにドルを買い戻す場面も見られた。

     市場では「材料が乏しく、値動きは小幅にとどまった」(外為ブローカー)との声があった。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自民 豊田議員、園遊会でもトラブル 母親入場させようと
    2. ネット音声公開 豊田議員?「私の心をたたいている…」
    3. 自民 「死ねば…」の暴言も 豊田真由子衆院議員が離党届
    4. ネット音声公開 男性に罵声「違うだろ」 豊田議員か
    5. 自民 「逆風が暴風雨に」…豊田議員離党届で迅速な幕引き

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]