メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

6社が8月値上げへ 家庭向け、都市ガス4社も

 大手電力会社10社のうち6社が8月の家庭向け電気料金を7月よりも値上げする見通しであることが19日、分かった。燃料となる石炭などの価格上昇が背景。都市ガス全4社も値上げの見通し。

     標準的な家庭の月額電気料金の上げ幅は、中部電力の29円程度が最も大きく、次に東京電力が26円程度。東北電力は18円、中国電力は13円、九州電力は10円、四国電力は5円程度の値上げ。

     沖縄電力は11円、北海道電力は4円程度の値下げとなる。北陸電力は横ばいの見通しだ。

     一方、関西電力は19日、高浜原発3、4号機の再稼働を受けて8月から料金の抜本値下げに踏み切ると発表した。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 相模原市 樹齢100年のヒノキ2万6000本消える
    2. 豊田衆院議員 暴言「高速逆走が原因」会見で自民・細田氏
    3. 炭鉱遺産 求む!引き取り手…移転先、置き場なく 九州大
    4. ネット音声公開 豊田議員?「私の心をたたいている…」
    5. バニラ・エア 車椅子客、自力でタラップ上る…昇降機なく

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]