メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

別府

高級リゾートホテル、19年夏の開業を目指す

英「インターコンチネンタル」ブランド

 英「インターコンチネンタル」ブランドの高級リゾートホテルが大分県別府市の温泉地で2019年夏の開業を目指していることが分かった。リース大手の東京センチュリーが土地を取得して開発し、国内のホテル運営会社が運営する。投資額は約100億円を見込む。欧米、アジアの富裕層や国際会議の需要の取り込みを図る。

     ホテルは「ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ」(仮称)。敷地面積は約8万2000平方メートル、客室数は約90室で計画している。別府市は国内有数の温泉地で、増加する訪日外国人観光客の利用を想定している。

     「インターコンチネンタル」ブランドのホテルは、都市型を中心に東京や大阪など国内に7カ所ある。【石田宗久】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 交通安全標語 津軽弁「難しすぎる」ツイッターで話題に
    2. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
    3. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
    4. アメフット 「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示
    5. アメフット 会見詳報(2) 監督から「やらなきゃ意味ないよ」と言われた

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]