メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナイジェリア

女5人の自爆攻撃、12人死亡

イスラム過激派ボコ・ハラムによるテロか

 【ヨハネスブルク小泉大士】ナイジェリア北東部ボルノ州の村で18日夜、女5人による自爆攻撃があり、12人が死亡、11人が負傷した。ロイター通信が19日、地元警察の話として伝えた。イスラム過激派ボコ・ハラムによるテロとみられる。

     初めにモスク付近で爆発があり7人が死亡。民家で起きた2度目の爆発で5人が犠牲になった。自爆攻撃を図った女5人はいずれも死亡したという。

     ボコ・ハラムはナイジェリア北東部を拠点に勢力を拡大。政府軍などの掃討作戦で支配地域を失う中、拉致した子供や女性に爆弾を装着させ、自爆を強制しているとされる。

     7日にもボルノ州の州都マイドゥグリを襲撃。自爆攻撃や銃撃で14人が死亡した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS TOKIO城島、国分、松岡、長瀬の4人も謝罪コメント発表 山口達也が無期限謹慎[全文掲載]
    2. 千葉市教委 「日焼け止め使用許可を」全中学に通知へ
    3. 近鉄 橋脚、上流側に7.8センチ傾く 南大阪線・大和川
    4. ORICON NEWS 国分太一、山口達也の“アルコール治療”明かす「断絶したい気持ちもあったと思う」
    5. 山口メンバー 「世の中騒がせた」涙で謝罪 無期限謹慎

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]