メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女5人の自爆攻撃、12人死亡

イスラム過激派ボコ・ハラムによるテロか

 【ヨハネスブルク小泉大士】ナイジェリア北東部ボルノ州の村で18日夜、女5人による自爆攻撃があり、12人が死亡、11人が負傷した。ロイター通信が19日、地元警察の話として伝えた。イスラム過激派ボコ・ハラムによるテロとみられる。

     初めにモスク付近で爆発があり7人が死亡。民家で起きた2度目の爆発で5人が犠牲になった。自爆攻撃を図った女5人はいずれも死亡したという。

     ボコ・ハラムはナイジェリア北東部を拠点に勢力を拡大。政府軍などの掃討作戦で支配地域を失う中、拉致した子供や女性に爆弾を装着させ、自爆を強制しているとされる。

     7日にもボルノ州の州都マイドゥグリを襲撃。自爆攻撃や銃撃で14人が死亡した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 夏の高校野球 仙台育英サヨナラ 大阪桐蔭春夏連覇消える
    2. がん診断 血液1滴で13種…新検査法開発 国立がん研
    3. グアム知事 「北朝鮮、米爆撃機に動揺」標的の原因を分析
    4. 自民・石破氏 国税庁の佐川長官を批判 就任会見行わず
    5. LGBTを生きる 性的少数者 第3部/2 高校1年生・暦さん(15) /埼玉

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]