大阪高裁

「人種差別と女性差別との複合差別」在特会敗訴

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

77万円の支払いを命じた1審・大阪地裁判決を支持

 民族差別的なヘイトスピーチで名誉を傷付けられたとして、在日朝鮮人の女性が「在日特権を許さない市民の会(在特会)」と元会長に550万円の賠償を求めた控訴審判決が19日、大阪高裁であり、池田光宏裁判長は、77万円の支払いを命じた1審・大阪地裁判決を支持し、双方の控訴を棄却した。その上で、人種差別を認めた1審から踏み込み、「人種差別と女性差別との複合差別に当たる」と認定した。

 原告側弁護士によると、複数の差別が結びつく「複合差別」を認めた判決は初めて。

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文660文字)

あわせて読みたい

注目の特集