メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪高裁

「人種差別と女性差別との複合差別」在特会敗訴

77万円の支払いを命じた1審・大阪地裁判決を支持

 民族差別的なヘイトスピーチで名誉を傷付けられたとして、在日朝鮮人の女性が「在日特権を許さない市民の会(在特会)」と元会長に550万円の賠償を求めた控訴審判決が19日、大阪高裁であり、池田光宏裁判長は、77万円の支払いを命じた1審・大阪地裁判決を支持し、双方の控訴を棄却した。その上で、人種差別を認めた1審から踏み込み、「人種差別と女性差別との複合差別に当たる」と認定した。

 原告側弁護士によると、複数の差別が結びつく「複合差別」を認めた判決は初めて。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  2. 女子中学生を脅迫容疑、31歳男逮捕 警視庁
  3. 日産、ゴーン前会長に損害賠償請求へ
  4. ゴーン前会長 クルーザー「社長号」も私的流用から?
  5. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです