性同一性障害訴訟

男性更衣室使用求められ ジムと和解

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

京都地裁 男性更衣室使用求められ、人格権侵害などで提訴

 性同一性障害で女性への性別適合手術を受けた京都市の50代の企業経営者が、京都府内のフィットネスクラブで男性更衣室などの使用を求められ、人格権を侵害されたなどとして、クラブを運営するコナミスポーツクラブ(東京都品川区)に慰謝料など約470万円を求めた訴訟が19日、京都地裁で和解した。具体的な和解条項は非公表だが、伊藤由紀子裁判長は「性自認(心の性)を他者から…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

あわせて読みたい

注目の特集