日本文学振興会

候補作、芥川賞は4人、直木賞は5人

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
今村夏子さん
今村夏子さん

 日本文学振興会は第157回芥川・直木賞の候補作を発表した。芥川賞は戦後最少となる4人、直木賞は5人がノミネートされた。選考会は7月19日、東京都内で開かれる。

 芥川賞は今村夏子さんと古川真人(まこと)さんが2回目の候補。今村さんは三島由紀夫賞を受賞している。古川さんは昨年、新潮新人賞を受賞しデビューした。

 初候補のうち温又柔(おん・ゆうじゅう)さんは台湾・台北市生まれで3歳から東京在住、2009年にすばる文学賞佳作を受賞。沼田真佑さんは今年の文学界新人賞を受賞したデビュー作が候補入りした。

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文435文字)

あわせて読みたい

ニュース特集