メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『季節の果物でジャムを炊く』福田里香・著

◆『季節の果物でジャムを炊く』福田里香・著(立東舎/税別1360円)

 果樹園の風景に惹(ひ)かれる。実がなったさまは豊かさ以外のなにものでもない。葉を落とした冬にも、枝ぶりから、これは桃の木かな、など推測してみる。

 菓子研究家である福田里香さんの、果物をさらに楽しむための『ジャム食本』は刊行されてすぐ買った。スタンダードないちごジャムから、梅、ルバーブ、キウイとミントなど、いろいろなレシピが載っている。ただ、私は保守的に、いちじくジャムばかりつくっていた。好みなのと、その簡単さに寄りかかり。だからここしばらくはいちじくのページばかりを開いていた。11年前に刊行されたその本は、今春『季節の果物でジャムを炊く』と改題され、サイズはひとまわり小ぶりになり、復刊された。

 冒頭の、ジャムのつくりかたの基本についての解説文に目をとめる。旧作『ジャム食本』では「煮る」と表記されていた部分が「炊く」と言い換えられている。福田里香さんは「炊く」のほうがジャムづくりの行程にしっくりくる言葉だと思うようになったのだろう。

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文912文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  5. ORICON NEWS セクゾ松島聡、1年9ヶ月ぶり活動再開を発表 18年11月よりパニック障害の療養で休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです