メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

「羽永光利一〇〇〇」刊行 混沌とした時代「目撃」 未発表含む初の本格的写真集

 ありし日の赤瀬川原平、寺山修司、土方巽がいる。1960~70年代を中心に激動する社会の中で前衛美術や演劇、舞踏など最先端の表現にレンズを向け続けた写真家、羽永光利(33~99年)。未発表作品を多く含む初めての本格的な写真集『羽永光利一〇〇〇』が刊行された。

 ■   ■

 東京生まれの羽永は文化学院卒業後に自己流で写真制作を始め、フリーカメラマンに。週刊誌や美術雑誌に写真を発表する仕事と並行して、美術家や演劇人らの創作現場やプライベートに密着して撮影を行った。81年、写真週刊誌「フォーカス」の創刊に参加。66歳で亡くなった後、長年撮りためた約10万カットに及ぶネガが残された。

 知られざる活動に光を当てたいと考えた長男の太朗氏と東京・中目黒でギャラリーを経営する知人の青山秀樹…

この記事は有料記事です。

残り881文字(全文1221文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 幸福度1位 フィンランドに見るゆとりと透明性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです