メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大雨

和歌山で記録的豪雨 大阪府内の公立47校休校

 西日本と東日本の太平洋側は21日、梅雨前線を伴った低気圧の影響で大気の状態が非常に不安定になり、各地で大雨となった。午前10時ごろには和歌山県白浜町で89・5ミリ、古座川町で84・5ミリの1時間雨量を記録し、いずれも観測史上最大となる猛烈な雨が降った。気象庁は土砂災害や河川の増水に注意するよう呼びかけている。

 和歌山県すさみ町は午前10時45分、周参見(すさみ)川が氾濫危険水位を超えたため、流域の1176世帯2380人に避難指示を出した。同町の周参見川流域以外と那智勝浦、古座川、串本の各町では計約3700世帯約6800人に避難勧告が出された。

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです